• 脱毛部位から探す
  • 年代別の脱毛
  • 脱毛体験談
  • 脱毛サロン徹底比較

vol8.彼女に脱毛費用を出してあげるか

  • HOME
  •  > vol8.彼女に脱毛費用を出してあげるか

vol8.彼女に脱毛費用を出してあげるか

リーマンT:最近は電車で脱毛の広告をしている事があるけど見たことある?

大学生I:あります。

リーマンT:今は結構多いでしょう。脱毛の料金が安いんだよね。両脇脱毛で600円とか、膝下と肘下とワキのセットで2,400円とか、さっきのVIOのセットで5,000円だとか。そういう本当に驚くほど安いキャンペーンをやっていて、各業者で競い合っているというか。もし自分の彼女が剛毛だったら、脱毛にかかる資金、お金を出してあげてもいいと思う?

最近の脱毛はとにかく安い!と熱弁するリーマンTさん

大学生I:僕は思わないですね。自分がちょっとケチというのもあるんですけど(笑)。

リーマンT:自分でやれよ、と。

大学生I:というか、こういうのは自分で意識して考えてもらいたいところかなと。そういう付き合い方をしたいという願望も込めて。

リーマンT:出さない?

大学生I:出さないです。あとは、やっぱりいざ出すというときに、どうやって言えばいいのか分からない。例えば「脱毛、行ってみれば」と言ったら、それだけでちょっと傷つきそうかな、と。

リーマンT:やっぱりその関係性によるものな。そういうこともあまり気にしないで話せる関係の人とかなら、電車の広告とかを見て「これはすごくない?」って、そんな流れで言って、行きたいとかと言ったら「じゃあ出してあげるよ」みたいな。

大学生I:そうですね。そんなような関係性だったら言えるのかもしれませんね。今の彼女はちょっと言えない人なので。

リーマンT:そういうタイプ、性格だよね。

大学生I:そうですね。すごくガラスの心を持っているような。

リーマンT:そう。超傷つく感じ?

大学生I:ちょっと面と向かっては言えないですね。

リーマンT:でも、まだ10代でしょ?しょうがないよね。確かにいきなり脱毛の話とかをされたら、その年だったら傷つくよね。

大学生I:自分でもちょっと毛が濃いのを自覚している人なので「脱毛に行ってくれば」なんて言ったときには、もうたぶんしばらく連絡が取れないと思います。

リーマンT:確かに。それは難しいね。

大学生I:言えるなら言いたいかなとは思いますけど。

リーマンT:美容師Kくんは?

美容師K:冒頭にも言ったんですけど、行かせるように仕向けるというのは、確かに関係性によって言いづらいとは思いましたね。ただ、もしこれがねだられたんだったら…。

リーマンT:脱毛に行きたい、膝下脱毛をおごって、みたいな(笑)。

美容師K:そうです。仮に「この脱毛をおごって」となったら、それで僕もその足を何とかしてほしいなと思っていたら、出すかもしれないですね。

リーマンT:俺はたぶん余裕で出しちゃうね。もちろんそういうことがちゃんと言える関係の子の場合だけど、キレイになってくれるのならうれしいじゃない。キャンペーンだと、それで絶対に終わらなかったりとかもするかもしれないし追加でどこをやりたいとかがあるかもしれないけど、10万ぐらいだったら出してしまうかな。

美容師K:「おごって」と言われて?

リーマンT:「おごって」と言われたらおごらないけど(笑)。

大学生I:それでは完全に金づるですね(笑)。

リーマンT:まあ、いろいろとあるよね。

美容師K:確かに難しいですね。

リーマンT:意外とこういう毛の問題はタブーじゃない。「ものすごく脇毛が見えているよ」とか、言わないし、言えないよね。「チャックが開いているよ」みたいなのも、たぶん女の人も見て見ぬふりをする。ちょっとあれに近い感じ。

美容師K:そうですね。「鼻毛が飛び出ているよ」とか、そういうレベルの感じですよね。

大学生I:同性でも言えないですよね。

リーマンT:ちょっと言いにくいよね。なんか難しい。鼻毛とかはしょうがないというかあれだけど、常にいつもあるわけじゃない。ちょっと1本を切るとかそういうことじゃないから、なかなか難しい問題だなと思うけど。

大学生I:難しいですね。

リーマンT:遠慮なく、本音で語ったと思うんだけど。やっぱり男は結構デリケートで意外と細かいことを気にする人が多いよね。そこら辺の男心みたいなものを分かってくれる人が増えたらうれしいなと。

大学生I:そうですね、うれしいですよね。

美容師K:そう思います。

自分のムダ毛の状態は自分でしっかり気を使ってほしいというのが男の本音のようです。

関連キーワード: