• 脱毛部位から探す
  • 年代別の脱毛
  • 脱毛体験談
  • 脱毛サロン徹底比較

抑毛と脱毛の違いとは?

  • HOME
  •  > 抑毛と脱毛の違いとは?

抑毛と脱毛の違いとは?

抑毛と脱毛の違いは、漢字の意味どおりといっていいでしょう。抑毛は「生えてくる毛を抑える・ムダ毛が生えてくる力を弱める」ということですね。脱毛は、「毛を抜く・ムダ毛をなくす」ということです。

脱毛はカミソリや家庭用脱毛器で自己処理をする方法と、脱毛サロンや医療機関で脱毛をしてもらう方法があります。抑毛は抑毛ローションや抑毛コスメ関係を自分で使用します。抑毛ローションを塗って浸透させ、毛が生えてくる力を弱めてムダ毛を薄くします。

見た目の違いで言うと、脱毛をした場合、効果の持続性はともかく一時的に体毛はなくなります。素肌が露出した状態になります。そして脱毛サロンで毛周期に合わせて適切に脱毛をすれば、数回の後にはほとんど自己処理が必要のないほど脱毛ができます。抑毛ローションなどを使った場合は、その場ですぐにムダ毛がなくなるわけではありません。継続的に使うことでムダ毛は細くなったり薄くなり目立たなくなってくると言われています。体毛の発育そのものを抑えてくれるわけです。もちろんその効果についてはローションによっても違うでしょう。

 

脱毛サロンを活用して効果的に脱毛をする

抑毛ローションなどはリーズナブルですし、手軽な方法です。
ただ実際に抑毛ローションだけではムダ毛の処理としてはあまり効果的とは言えません。抑毛ローションを使用して、ムダ毛を目立たなくさせるまでには時間もかかります。その効果も個人差が大きく、抑毛ローションを何本も使っても結果的にほとんどムダ毛の量が変わらないという人もいるでしょう。敏感肌の人や肌が荒れやすい人はかゆみや腫れといったトラブルもあります。

トータルで考えると、やはり脱毛サロンで脱毛するほうが時間もかからず、効果も明らかだと言えるでしょう。コストの面でも、確かに抑毛ローション1本分の値段はリーズナブルですが、実際にムダ毛を処理したという実感を得るためには継続して使い続けなくてはならず、かかるコストも増えてしまいます。自分に合った抑毛ローションを探すのもなかなか大変ですし、実際に使ってみるまで自分にとって効果があるのかもわからないのも難点です。
肌トラブルの点からも、アフターケアの充実している脱毛サロンによる脱毛のほうが、肌への負担も少ないと言えます。

関連キーワード: