• 脱毛部位から探す
  • 年代別の脱毛
  • 脱毛体験談
  • 脱毛サロン徹底比較

脱毛に通っている最中に
妊娠してしまったら?

  • HOME
  •  >  FAQ > 脱毛に通っている最中に妊娠してしまったら?

妊娠中でも脱毛できる?

これから結婚式を迎える20代女性です。いまはウエディングドレスを綺麗に着こなすために脱毛サロンに通っています。1年以内に妊娠を希望しているのですが、妊娠中も脱毛サロンには通えますか?毛がないつるつるの肌をみて、子供が生まれる前にムダ毛処理をしなくてもいい肌を手に入れたいと思って他の部位も追加で契約しようか迷っています。

妊娠中はホルモンバランスが不安定のため効果が出にくく、脱毛不可のサロンがほとんどです。

大体の脱毛サロンでは、妊娠中は脱毛ができません。もしもサロンに通っている最中に妊娠してしまった場合は、有効期間を延ばしてもらえたり返金してもらえますので、安心してください。妊娠中に脱毛ができない理由は2つあります。

 

万が一のトラブルを避けるため

脱毛サロンで使用している光脱毛は、妊娠中でもお腹の中の赤ちゃんや子宮に悪影響を与えるという説はありません。では何のトラブルがあるのか。妊娠中は体調がとても不安定になっています。

まずは肌。いつもより肌が敏感になって、刺激を強く感じる場合があります。炎症や肌荒れなどのトラブルにつながる可能性もあるでしょう。それよりも、体への負担が一番心配です。妊娠中はちょっとした変化で気分が悪くなったり、お腹が張ってしまうこともあります。施術後のクールダウンで体を冷やしてしまうのも良くありませんね。

不安定と言われる妊娠初期を無事過ぎてもお腹が大きくなってきた安定期以降には横になって一定の姿勢を保つのも辛いでしょう。部位によってはうつ伏せになる必要があります。妊娠中はその体勢をとることもできません。

このように体が無理をすることによって母体やお腹の赤ちゃんに影響を与えるのを防ぐためです。

 

ホルモンバランスが崩れているため

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、体に変化が起こります。妊娠中、毛が濃くなったという話はよく聞きます。これもホルモンバランスの影響で、産毛が濃くなったり、以前脱毛エステを済ませた部位から濃い毛が再び生えてきたりということがあるようです。この状態で脱毛を行ってもきちんとした効果を得られません。

また、妊娠中は色素が濃くなることがあります。胸の周りやワキ、お腹などが黒ずむことが多くあるようです。光脱毛は黒い部分に反応して処理を行いますので通常よりも強く痛みを感じることがあります。毛の状態も色素も、妊娠中の体を守るものです。出産後は徐々に戻りますので体の状態が戻ってから脱毛を受けましょう。

ちなみに、妊娠中の対応については、脱毛サロンや契約しているコースによって異なります。例えばミュゼならば残りの回数を返金してもらえますし、銀座カラーは出産後に残りの回数を必ず受けられます。妊娠が分かり次第、早めに脱毛サロンに確認してみてください。また、これから妊娠する可能性がある場合は、期限のない契約コースや休止の処理ができる脱毛サロンを選択すると良いでしょう。

関連キーワード: