• 脱毛部位から探す
  • 年代別の脱毛
  • 脱毛体験談
  • 脱毛サロン徹底比較

ほくろや傷跡があっても大丈夫?

  • HOME
  •  >  FAQ > ほくろや傷跡があっても大丈夫?

ほくろや傷跡があっても大丈夫?

友達が脱毛エステに通っているので、私もそろそろデビューしたいと考えています。考えているのは足の脱毛です。ただ、長年カミソリを使用していたためか傷が茶色いシミになっていたり、もともとほくろが多いのでお世辞にもきれいな足と言えません。このような足でも脱毛してもらえるのでしょうか?

状態によって異なるので脱毛サロンに相談してみましょう

フラッシュ脱毛レーザー脱毛

ほくろや傷跡がある箇所の脱毛はできないが、周辺はできる。

ニードル脱毛

ほくろなどがあっても脱毛できる。

フラッシュ脱毛・レーザー脱毛の場合、「ほくろにピンポイントで生えているムダ毛は脱毛できない」のですが、「ほくろがあってもムダ毛処理はできる」というのが質問に対する答えになるでしょう。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は黒い色素、メラニン色素に反応させて脱毛を行う仕組みになっています。ところが、ほくろは皮膚上にメラニン色素が集まったものです。すると照射する光によって過剰に反応し、ヤケドなどの肌トラブルを起こす可能性があります。しかし、ほくろがあるからといってフラッシュ脱毛できないわけではありません。

一般的にはほくろや傷跡などにシール(肌と同色)を貼ったりしてカバーし、光を照射します。こうすることで、ほくろにフラッシュが当たらないようにカバーし、脱毛処理を行えるようにします。ですから、正確に言うと、ほくろの真上に生えているムダ毛は処理できません。しかし、ほくろや傷跡があっても、周辺のムダ毛は処理できるということですね。

 

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は「色素に反応させて脱毛する」仕組みですが、1本1本の毛穴に電流を流して脱毛処理するニードル脱毛ならば、ほくろがあっても問題はありません。ただ、ニードル脱毛は処理に時間がかかる上、痛みもあり、さらには料金も高い傾向にあります。また、ほくろが大きくて目立つなど別の問題もある場合には、レーザーでほくろそのものを処理するという方法も考えられます。ちなみにほくろそのものを除去するのは医療行為ですので、皮膚科に相談しましょう。

1番手軽で確実なのは、脱毛サロンに相談することです。脱毛サロンでは初回時にカウンセリングや相談の時間が必ずありますので、脱毛を希望する箇所に「ほくろ」や「傷跡」があれば、実際に脱毛サロンのスタッフに見せて相談するとよいでしょう。きちんとした脱毛サロンであれば、ほくろや傷跡の大きさなどを確認し、その周辺のムダ毛処理ができるかできないか、できる場合にはどういった方法で行うか、わかりやすく説明してくれるはずです。

ほくろや傷跡があるからといって脱毛サロンで施術できないとあきらめる必要はありません。大きさや数なども人によって違いますし、素人判断は危険ですので脱毛サロンで相談し、どう「脱毛するか」を決めていくようにすると良いのではないでしょうか。

関連キーワード: